トップページ > 本をさがす > 父親になる、父親をする(チチオヤ ニ ナル チチオヤ オ スル)

父親になる、父親をする(チチオヤ ニ ナル チチオヤ オ スル)

書名 父親になる、父親をする(チチオヤ ニ ナル チチオヤ オ スル)
副書名 家族心理学の視点から(カゾク シンリガク ノ シテン カラ)
種別 図書
編著者 柏木 惠子∥著(カシワギ ケイコ)
出版社 岩波書店
出版年 2011.6
出版地 東京
大きさ 21cm
ページ数 71p
ISBN 4-00-270811-9
分類 367.3

「イクメン」(子育てに積極的な父親)が依然として少数派であるのは、「なぜ父親による子育てが必要か」という基本的な問題への理解が乏しいからではないでしょうか。本書では、この問題を発達心理学や家族心理学の観点からわかりやすく説明しています。育児体験の多い父親には、共感性、ストレス対処能力、自尊感情などの発達が顕著に見られるとのことです。子育てによって得られた変化は、「大人としての成熟といえる」という言葉が印象的でした。(石割)

予約申し込み