トップページ > 本をさがす > 働く女性とマタニティ・ハラスメント(ハタラク ジョセイ ト マタニティ ハラスメント)

働く女性とマタニティ・ハラスメント(ハタラク ジョセイ ト マタニティ ハラスメント)

書名 働く女性とマタニティ・ハラスメント(ハタラク ジョセイ ト マタニティ ハラスメント)
副書名 「労働する身体」と「産む身体」を生きる(ロウドウ スル カラダ ト ウム カ)
種別 図書
編著者 杉浦 浩美 著(スギウラ ヒロミ)
出版社 大月書店
出版年 2009.9
大きさ 20cm
ページ数 7,225,5p
ISBN 978-4-272-35029-2
分類 366.38

働く女性の「妊娠期」に焦点を当て、「産む身体」と労働の矛盾で葛藤する女性たちの状況や思いを調査分析しています。母性保護制度利用を認めないなど「妊娠しながら働くこと」への理解がない上司や職場。雇用の危機に結び付く「妊娠したら辞めるのが当然」というジェンダー秩序。「平等化」の意識から、迷惑をかけたくないと過剰に働く妊婦。これらが、心理的ストレスや切迫流産や早産など深刻な事態を引き起こすことを問題視しています。(狩野)

予約申し込み