トップページ > 本をさがす > メディアとジェンダー(メディア ト ジェンダー)

メディアとジェンダー(メディア ト ジェンダー)

書名 メディアとジェンダー(メディア ト ジェンダー)
種別 図書
編著者 国広 陽子∥編(クニヒロ ヨウコ)
出版社 勁草書房
出版年 2012.1
出版地 東京
大きさ 20cm
ページ数 268,7p
ISBN 4-326-65369-0
分類 361.453

本書は東京女子大学の全学部共通の科目「女性とメディア」の内容を踏まえて編纂されたものである。複数の研究者がそれぞれ関心のあるテーマについてジェンダー問題を提起している。
マス・メディアは日常の接触度が大きく、人々の価値観の形成にも大きな影響を及ぼす。第2、3章の中で書かれた「テレビドラマ」「スポーツ報道」では、多くの人が見聞きした数多くの事例が紹介されている。「テレビドラマ」で描かれる女性像は、時代とともに変化しているが、リアリティのある女性像は描かれていない。「スポーツ報道」では依然として女性役割とともに女性アスリートが語られるなど、ジェンダー問題は根深い。
一方、電子メールやブログ、ツイッターなどのパーソナル・メディアにおいては、メディア利用者としての女性の変化が論じられている。電子メディアの登場によって、女性が自分らしい働き方を実現したり、孤立しがちな女性やマイノリティの人々がつながる可能性が生まれ、ジェンダーの変容に期待がかかる。
女性とメディアに関わる問題を多角的に学びたい人にお勧めの1冊である。(谷口年江)

予約申し込み