トップページ > 本をさがす > 「いい家族」を願うほど子どもがダメになる理由(イイ カゾク オ ネガウホド コドモ ガ ダメ ニ ナル リユウ)

「いい家族」を願うほど子どもがダメになる理由(イイ カゾク オ ネガウホド コドモ ガ ダメ ニ ナル リユウ)

書名 「いい家族」を願うほど子どもがダメになる理由(イイ カゾク オ ネガウホド コドモ ガ ダメ ニ ナル リユウ)
副書名 誰も気づかなかった成果主義家族の落とし穴(ダレモ キズカナカッタ セイカ シュ)
種別 図書
編著者 富田 富士也∥著(トミタ フジヤ)
出版社 ハート出版
出版年 2008.11
出版地 東京
大きさ 21cm
ページ数 285p
ISBN 4-89295-594-5
分類 367.3

著者は、20年以上にわたって相談室で青少年やその家族と向き合ってきたベテランカウンセラーです。39の相談事例を紹介し、親子関係・家族関係をどのように築いていったらよいのかを提案しています。子の問題行動に悩み著者のもとを訪れる親は、「いい子」「いい親」「いい家庭」を願っていますが、「効率がよいこと」や「成果があがること」が「いい」ことだと思い込んでいるようです。企業戦士である父親や偏差値教育を受けてきた母親が、成果主義を家庭に持ち込んでいるというのです。家庭は会社とは違います。努力しても報われないこともあるし、無駄なこともあるし、解決しない問題もあります。成果を求めないのは難しいことですが、考え方を変えてみることで悩んでいた気持ちも少し楽になって、また家族に向き合える、ということかもしれません。(石割)

予約申し込み