トップページ > 谷口館長の甘辛日記

谷口館長の甘辛日記

2019年8月9日(金) 天気  晴れ

今年度から全国女性会館協議会の役員を拝命したため、
月に1回東京タワーがみえる会議室(写真)に出向きます。
たまには静岡を離れて気分転換と思うのですが、
東京に行くたびに、まだ癒えない心の傷に気づきます。
若かりし日の失恋の思い出ではありませんよ。

2011年3月11日(金)のこと。
親友と新宿のデパートで下りのエスカレーターに乗っていたところ、
ガタガタと揺れ始めたのです。着いたフロアは家具売り場。
男性の年配の店員が「身をかがめて」と落ち着いた声で指示を出している。
自分の視界の先には大きく揺れるシャンデリア。
背後からは食器売り場の食器が落下して割れる音が聞こえ、
親友と抱き合ってしゃがみこむ。頭を守るため着ていたダウンコートのフードを被る。
揺れが収まると同時に「建物から出てください」のアナウンスで、階段を使って避難。
新宿駅は人であふれている。
携帯電話がつながらず、テレフォンカードを買って公衆電話に並ぶ。
職場と家族には連絡がつき、身動きができないことだけを伝える。
隣の電話では、女性が保育園に電話をしていて、
「お迎えに行きたいけれどタクシーも長蛇の列でいつ行けるかわかりません。それまでお願いします」の声。
働くお母さんにこういうことが起きるのだとドラマでも見ているような気分になる。
土地勘もなく、どこに行けばいいのかもわからず、帰れずの中で、ついに帰宅難民に。
デパートで一夜を明かすという貴重な体験をしたのです。

以来、東京に行くと、あの時の恐怖が少しだけよみがえってきます。
帰宅難民になったものの、現地の被災者に比べたら何の被害を受けていない私でもこのトラウマ。
被災された方の傷の深さは計り知れません。

東日本大震災のあと、全国女性会館協議会では、
大規模災害の発生時に、女性支援の拠点として、
男女共同参画センター同士が連携し相互に支援できる仕組みをスタートさせました。
静岡市女性会館も、全国のセンターと連携して女性支援にあたる予定ですが、
その前に地域の防災活動に取り組む女性の人材を育成しようと新たな事業に取り組んでいます。
詳細はこちら! 最後はいつもの宣伝になってしまいました。

【過去の日記はこちら】

2019年7月5日(金)天気くもりのち雨
2019年6月15日(土)天気あめ
2019年5月1日(祝・水)天気晴れ
2019年4月1日(月)天気晴れ

元新聞記者の川村前館長による『徒然日誌』アーカイブスはこちらからご覧いただけます。

    • アンバサダー.
    • 視察のご案内
    • インターンシップ(職業体験)のご案内

静岡市女性会館

〒420-0865
静岡県静岡市葵区東草深町3番18号
TEL 054-248-7330

休館日

8/12(月)、8/26(月)
9/9(月)、9/23(月)

図書整理日
9/30(月)
返却のみご利用いただけます

  • 女性会館の概要
  • 交通アクセス