トップページ > 女性会館の概要

女性会館の概要

ごあいさつ

静岡市女性会館は平成4年の開館以来、男女共同参画社会実現のために数々の事業に取り組み、昨年6月に開館20周年を迎えました。
平成19年度から静岡市女性会館に指定管理者制度が導入され、「特定非営利活動法人男女共同参画フォーラムしずおか」が指定管理者となりました。昨年4月から2期目(平成24年4月1日~29年3月31日)に入っています。
私たちが実現したいのは、女性も男性も誰もが自分らしく幸せに生きることのできる社会。意識啓発や学習型の事業から課題解決型事業に転換を図っています。困難を抱えた女性をサポートする仕組みや居場所づくり、講座以外にもすべきことは山積しています。地域で課題解決に取り組む先行団体とも積極的に連携し、地域のセーフティネットのひとつとして静岡市女性会館が機能することを目指します。
今後も真摯に各種事業、会館運営に取り組みます。これまで以上にお力添えくださいますようお願い申し上げます。

平成25年4月
静岡市女性会館職員一同
(指定管理者:特定非営利活動法人男女共同参画フォーラムしずおか)

静岡市女性会館の設置目的

女性会館は、女性をとりまく諸問題を解決し、女性と男性が性別役割分担といった従来の意識にとらわれず、お互いに協力し合いながら社会の発展をめざす「男女共同参画社会」の実現のための学習や活動の拠点となる施設であり、各種教室・講座・相談等のさまざまな事業を展開していきます。

アイセル21って

活動 情報 相談 交流 学習 アイセル21は静岡市女性会館と静岡市葵生涯学習センターとの複合施設です。アイセル21の「アイセル」は、施設のもつ5機能を英語にして、その頭文字を組み合わせた造語です。「21」は、21世紀を生きる2つの施設が1つになって発展していくようにとの願いからつけられました。この愛称は、一般公募で選ばれたもので、世代・性別をこえてあらゆる人々が「愛せる」施設になるようにとの意味が込められています。

 

シンボルマークについて

シンボルマーク このシンボルマークは、静岡の「S」をモチーフに、さまざまな女性や男性の顔を組み合わせ、人々が世代や性別をこえて「いこい」「まなび」「ふれあう」場であることを表現しています。4色の色は、春夏秋冬、そして未来への輝かしい発展をシンボライズしています。

 

静岡市女性会館の事業

    • 講座、教室等の企画、運営、実施事業
    • 女性会館の施設、設備等の利用に関する事業
    • アイセル図書コーナーの運営・管理、資料等の収集・整理に関する事業
    • 女性の困難に関する相談事業
    • 交流及び諸活動の指導、助言に関する事業

前各号に掲げるもののほか、市長が必要があると認める事業

条例・規則

静岡市女性会館は、静岡市女性会館条例および静岡市女性会館条例施行規則に基づいて運営されています。

 

女性会館のロゴが完成しました(2016.02)

女性会館ロゴ(フルカラー)WOMENS CENTER SHIZUOKAの頭文字をイメージして作りました。皆さまにとって、親しみのあるロゴマークになることを願っております。

  • アンバサダー.
  • 視察のご案内
  • インターンシップ(職業体験)のご案内

静岡市女性会館

〒420-0865
静岡県静岡市葵区東草深町3番18号
TEL 054-248-7330

休館日

6/12(月)、6/26(月)
7/10(月)、7/24(月)

図書整理日
7/31(月)、10/30(月)

  • 女性会館の概要
  • 交通アクセス