トップページ > 2016年度 カジダン・イクメンフォトコンテスト

2016年度 カジダン・イクメンフォトコンテスト

募集締切:2016年5月10日   応募作品数:136作品

<2016年度 入賞作品>

最優秀賞 『カジダン遺伝子受け継ぎました』

073

エピソード
掃除大好きなお父さんの真似をしているうちに、息子もお掃除大好きになりました。最初は遊んでいた2人も、いつの間にか真剣な顔で風呂掃除をしだします。

審査員講評
・父と子ども、家事に取り組む姿がとても暖かい雰囲気の中で撮れていると思います。
・エピソードの「最初は遊んでいた二人もいつの間にか真剣な顔で風呂掃除を」という一文にグッときました。きちんとお手伝いしてくれる男性たち。頼りになりますね。
・お父さんと一緒の風呂掃除、真剣ですね!将来が楽しみ!
・親子で家事をする様子がほほえましくしかも自然体。すてきなDNAですね。

カジダン 賞 『それぞれの仕事』

 エピソード
特にお願いしたわけではありません。私が部屋の掃除機をかけている間、2歳と4歳の息子がそれぞれのできることを考えて行動しただけです。肩肘をはらず、できることを。カジダンってそういうことですよね?

審査員講評
・将来有望なカジダンの卵ちゃんたち。真剣な姿がどこかほほえましく優しい兄弟に育ってほしいと思います。
・写真の構図としても素晴らしいです。その上「お願いした」わけでもなく、それぞれのできることをやり始めたというのが素敵です。
・兄弟で頼まれてなくても掃除にいそしむ様子…いいなぁ。様々な家事に挑戦してりっぱなカジダンになってね!
・モップを持つ手が力強くて絶妙。弟君も負けずにテレビを拭いています。真剣さが迫ってきます。

イクメン 賞 『かわいくて かわいくて』

エピソード
双子の娘を育てています。夫は育休を取り、子育てに家事にとがんばっています。娘たちを前に「かわいい、かわいい」と目を細め、楽しんで毎日世話を焼いています。

審査員講評
・双子のお世話は本当に大変だと思いますがお父さんの笑顔がそれ以上に子育ての喜びをストレートに伝えてくれていると思います。
・パパの笑顔いいですねぇ。一人を抱っこして、ぬいぐるみを持たせながらもう一人をあやす。私には到底できません。すごい!
・パパの笑顔と双子ちゃんの表情がとてもステキです。毎日、大変だと思いますが、楽しんで子育てしてください。
・双子の娘さんをあやすお父さんの表情に愛があふれています。

 

館長 賞 『二人で並んで… 』

エピソード
料理に興味が出てきた娘は、よく食事の支度を手伝ってくれます。そんな日常の二人のワンシーンです。

サールナートホール 賞 『僕たちに任せて! 』

エピソード
畑で採れたさやえんどうの筋をとる夫と息子。僕たちに任せて!と張り切っていました。

三州紙業 賞 『ママ美容院いってらっしゃい』


エピソード
「2人連れて遊びに行くから、大丈夫だよ」  次女を出産後、初めて美容院へ行く私を快く送り出してくれました。早く遊びに行きたい長女。慣れない抱っこひもに不安げな次女。(でも、楽しい時間を過ごしたみたいです。)パパ、ありがとう。

フジ物産 賞 『お疲れ様!ありがとう!!』

エピソード
仕事で疲れて帰ってきてからも、我が子が泣くと必ず抱っこしてくれます。私よりも先に(笑) けれど…睡魔には勝てません(笑) 将来、我が子がパパになったときに見せたい1枚です。

北極しろくま堂 賞 『大好きなヨーグルトはいくらでも食べられるよ』


エピソード
あげすぎなんじゃないかと心配するじいじに反し、パパと娘はヨーグルトに夢中!口の周りに付いているのだって、後で食べました。

三保原屋 賞 『夜のお洗濯』


エピソード
毎日、夜にお洗濯をしてくれるパパ。私や子どもたちが寝た後に仕事から帰ってくることもよくあるのですが、朝起きると洗濯物が干してあります。パパ、仕事で疲れているのに、いつもありがとう!

 

ユピテルプラス 賞 『一緒にたたもうね』


エピソード
妊婦の私に代わって、夫ともうすぐ2歳の娘が率先して家事をしてくれています。今日は洗濯物をたたんでくれました。たたみ方はたどたどしいですが、嬉しいです。

 

 

    • アンバサダー.

静岡市女性会館

〒420-0865
静岡県静岡市葵区東草深町3番18号
TEL 054-248-7330

休館日

3/13(月)、3/27(月)
4/10(月)、4/24(月)

  • 女性会館の概要
  • 交通アクセス