トップページ > 2012年度 カジダン・イクメン フォトコンテスト

2012年度 カジダン・イクメン フォトコンテスト

募集期間 2012年3月上旬~5月31日   応募作品数 152作品

最優秀賞 『カジじいさん』

エピソード
「カジダン?なんだそれ、知らねぇなぁ」と祖父。「おじいちゃんみたく家事をすすんでやる男の人のことだよ」と孫の私。「ばぁさんは脚が悪いから、できることはオレがやるだけだ」。支え合い、共に生きていくことの意味を 『カジじぃさん』に教わった。

審査員講評
・この年代の人で家事をやっているというのはとても良い。年季が入っている。
・「できることは俺がやるだけだ」というコメントがよい。
・無理なく当たり前なところがよい。

カジダン賞 『お洗濯も楽しいね

 エピソード
「タオルお願いしまーす」「了解でーす」。洗濯のほか、掃除も料理もいつの間にか習得して、家事を子どもたちとキャッキャ楽しみながらやってくれる。こんな彼だからこそ安心してお腹の中の3人目の子どもを出産できそうです♪

審査員講評
・子ども2人を連れて外に出て行ってくれるので家事もすすむし、自分の時間もできる。やっている姿がカッコイイのが、他のパパの励みになる。
・普段やっている感じ、自然な感じが出ている。
・所帯じみたり、陰気くさくなくて、ぱっと楽しそうで明るいところがよい。

イクメン賞 『パパ大好き

エピソード
パパのことが大好きな娘2人。寝る前は決まって本を読んでもらっています。お姉ちゃんが「今日はこれとこれとこれ!」と本を選ぶと、妹も「じゃあ莉子はこれとこれとこれ♡」。パパも図書館で代わる代わる本を借りてきてくれ、娘たちは大喜び。

審査員講評
・目線が3人きていてほほえましい。
・毎晩読んであげている感じが伝わってくる。
・表情が楽しそうで良い。


清水エスパルス賞 『ピザ作り


エピソード
2番目のお兄ちゃんの誕生日のお祝いは「手作りピザ」!下ごしらえと自家製ピザソースはお父さんのお仕事だけど、仕上げのトッピングはみ~んなでね!残念ながらともちゃんは、まだピザが食べられないけど、手伝ってあげようね…!


まちづくり公社賞 『2人になって大忙し


エピソード
退院後2日目。今日は長女を外に連れて一日遊んでくれたので、私は産後の疲れをゆっくり休めることができました。次女にミルクをあげた後、長女に夕飯を食べさせてくれているところです。これからさらに忙しくなるけど、一緒にがんばろうね。


特別賞『二人の日常


エピソード
子どもを寝かしつけた後、急いで夕食を作る2人。そんな様子を遊びに来ていた妻の妹がパチリ。


特別賞 『お料理指導はお父さん!?


エピソード
家事をしながら、育児もするスーパーカジダンイクメンのお父さん。これからもお願いしますねっ♪。


特別賞 『お父さんなにしてるの?


エピソード
子どもが生まれる前から、近所の子どもと何時間も遊ぶくらいの子ども好き。私が仕事に復帰するため、夫が3ヶ月間育児休暇をとり、家事と育児をほぼ完璧にこなしたのでした。育休を終えた今も、育児も家事も積極的にやってくれます。


特別賞 『父さんが夜なべをして…


エピソード
幼稚園に通う息子のために準備するもののリストを見た夫が、「やるなら一番難しいものを!」と言って、自ら布を買い、徹夜で首回りをヘタの形にあしらった“ナススモック”を作りました。本人いわく、「失敗を乗り越えてできたものには価値がある」。

  • アンバサダー.
  • 視察のご案内
  • インターンシップ(職業体験)のご案内

静岡市女性会館

〒420-0865
静岡県静岡市葵区東草深町3番18号
TEL 054-248-7330

休館日

6/12(月)、6/26(月)
7/10(月)、7/24(月)

図書整理日
7/31(月)、10/30(月)

  • 女性会館の概要
  • 交通アクセス